FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンツァーカンプフヴァーゲンアインアウスフュールングアー

ローマ数字の時もアインでいいのだろうか。それともアインスなのだろうか。長年の疑問。

PIMG_1514.jpg
起動輪はハブキャップだけナット植え直し、キットのボルトは車体上下接合アングルの側面に移植してリサイクル。
アバディーンのB型だと起動輪にはキャッスルナットが使用されており、スプロケットのボルトも表側がやはりキャッスルナットになってます。
これまたマスタークラブ様々。厳密に言えばアドラーズネストのタイプだけど。いずれにせよ、ここまで解像度高い部品を使うならアベールのエッチングを使った方がいいんだけど、完成が更に遠のくし、人気商品らしくたいてい売り切れ(^∀^;。

---------------------

下田四郎講演会と防研はどうした!と言う声が聞こえそうですが、まとめるの大変なんスよ。。

---------------------
3/1修正
キャッスルナットとするところをスタッドボルトってしてたのを訂正。だめだ酔っ払いは___。
スポンサーサイト

1月の雑誌

既に2月の雑誌を書き始めたので順番は前後するが、先月の本。12月のカマド刊「大祖国戦争のソ連戦車」もスルーしちゃってるけど、まあ買ってないしなあ。。

○PANZER 2月号
 わが地元には売って無いので今頃。未来屋書店でやっと立ち読んできました。。。
以下セブンネットショッピングより引用
===============
特集
◆レオパルト2(1)、
◆イタリア南部の攻防 アンツィオからローマへ

◆韓国陸軍K9自走砲
◆アップグレードされたM41
◆バレンタイン・マニュアル
◆菱形戦車Mk.1~8(★最終回)
◆フォトドキュメント 旧ユーゴ紛争(3)
◆北部方面隊射撃競技会
===============
引用ここまで

この他、戦後の九五式軽戦車改造警察の装甲車の鮮明な写真が見開き2ページ
九五式改造はもとより、
冷戦後のレオパルト2がまとまった資料としては好適?
実戦でその実力を惜しみなく発揮した____K9。
デンマークや台湾の近代化M41。ブラジルのは載ってたっけ?
非常にツボな内容が多いにも関わらず未購入。買うときは地元で注文しなければ___

○学研 「陸自マシーン大図解」 モリナガ・ヨウ著
モリナガ氏のかなり鋭い視点が良い。買ってDVDを見たいところではあるが___


・・・・銀座のメシを食っちまったもんで、今月と来月の小遣い無しじゃて。。。

摺本好作展

という事で、行って来ました摺本好作展。
PCA3C0205.jpg
ある程度の年齢の戦車ファン、それも日本戦車ファンなら誰でも知っているであろう、八九式中戦車を含む戦車のペーパークラフト本を作ったその人こそ、この方です。
また、かつてバンダイが80年代に作っていたオートバイ模型のボックスアートを覚えている方も多いでしょう。
PIMG_1510.jpg
最近ではオールドタイマー誌の表紙も手掛けておられます。

・・・と、いかにも昔から知ってそうに解説していますが、一緒に行った方々に教えてもらった事ばかりですw
いやほんと、持つべきは友。

GoogleMapにもまだ載って無い新築の銀座伊藤ビルで、唯一人入っている個展でした。
一枚目の画像は回転する観覧車で、直径1.5mの軸無し観覧車。
この大作が個展会場にも一基設置されてます。

マブチモーターの工作教室の作例の作者でもあり、田宮ニュース大のリーフレットをいただきました。

でもって自身のブログをお持ちです。

http://800hachi.blog137.fc2.com/
個展は明日21日17時まで。

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

2月の雑誌(1)

○1月の雑誌は結局一冊も購入せず。
 ホビージャパンもすぐ古本屋に並ぶに違いない・・・って思うんだが、今回は2月4日でも書店に山積み。
 表紙がガンダムじゃ無いだけで売れ行きがこうも違うとは(今回が初めての事では無いが)

○スケールアビエーション
 人づてに拝見。プラモ創世期から組説を手掛られていた摺本好作氏が、なんと渋川に移住されていたという。
 渋川も合併してかなり広くなり記事中では判らなかったが、ネットで検索したらズバリ載ってたよ。
 15日~21日まで銀座伊藤ビル2Fで個展を開催とのこと。
 http://gunmawood.com/member/exhibitionView.php?id=8&no=ex110201

苺ーえーがた

PIMG_15063.jpg
左の棒状のが前々回手こずってた、板バネ連結用?省略部品。
右は起動輪を取り外し式にしたいがための小細工。
可動用ピンの方を固定してます。バックアップにエポキシ接着剤を充填。

でもってセットするとこんな感じ。
PIMG_15062.jpg
固定用のナットはマスタークラブのスタッドボルトキャッスルナット0.7mm。
アハパンモデリーレンだとウェーブの1.0mmだけど、手持ちがこのサイズだったので。

誘導輪側は単純な長方形。
PIMG_15061.jpg
これはボルト片側3本で作ってるけど、多分4本かも。反対側は4本組で作ってます。
ボルトはサス一個あたりリーフスプリング3個×2+このパーツ4個で最低10個、合計40個以上使うのでマスタークラブ様々です。
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール

重平

Author:重平
戦車を作っています。
ツボなのは
旧陸軍戦車・自走砲・火砲
ドイツ3号、4号戦車とバリエーション
冷戦時代~20世紀末

最近、敵ばかり作っているような気が。。(あっ敵戦車の模型って事ですよ?)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。