総合火力演習

ついにというか、まさかの総火演見学。

案の定90式の射撃は先日の腔発事故により中止されたが、29日には行われた模様。

人様の動画


YouTube: 90式戦車

しかし74式の105mm砲の衝撃だけでも十分な体験でした。

朝6時40分頃、会場に到着したシャトルバスを迎えたのはまさに74式の連続発砲でした。

まさにバスが段差を踏み越えたのではないかと錯覚させるほどの音と衝撃。

本番の後段演習における連続発射では、会場からも、それだけで標的に命中した時と同じくらいの歓声が沸いてました。

最後の3両による寸分狂わずの同時射撃では、今日最大の轟音と衝撃が会場に響きました。

こんなんじゃすぐ敵に見つかるじゃん。。とか心配しましたが、まあそれはお互い様というところですね。

内容そのものは過去に購入したLDからそうそう変わっていないため、台本を知っているような感覚で俯瞰しておりましたが、後日発売されるであろうDVDも欲しかったりして。

さて演習が終わったらお待ちかねの装備展示です。

先日のエントリーに載せたように、当然のことながら新戦車の展示はひときわ注目を集めていました。

放送された禁止事項等

  • 危険なので車両には絶対に登らない事
  • 至近での撮影は禁止
  • 係員の指示に従う事

Pca3c1383l

戦車3代のショット。

Pca3c1383s_2

ずっと最初からあきらめていた総火演についに来た事で、いよいよこの趣味も「アガリ」が近付いた気になったのでした。

今年度に入ってから自衛隊駐屯地祭や地元模型展と合同展示会(静岡ホビーショー)への出品、決定版模型の続々発売により、もう「やることねんじゃね?」っていう気持ちばかりになっていたわけです。

しかし...。

集団行動だったのと、バッテリ切れにより撮影しきれず、まだやり残しができましたよ。

戦車以外では、かろうじて87式自走高射機関砲1枚と、

Pca3c0015

203mm自走榴弾砲のシェルタを数枚、と言っても模型にはあまり役立ちそうもなかった。

Pca3c0026

Pca3c0021 

平成22年度総火演

感想は後日。

新戦車(試作車)・・・一般通称10(ヒトマル)式

クリックすると大きい画像が出ます。

Pca3c0012 Pca3c0010

Pca3c0011 Pca3c1394a

Pca3c1389 Pca3c0008a

総合火力演習

総合火力演習
予行です

新製品

ファインモールドからついに八九式中戦車が出る事になったのですが、マガジンキットっつー事で今後一般販売はしないとの事。

本当だろうか?

マガジンキットの本紙であるアーマーモデリング誌に載ったテストショットを見る(P55およびP87)。

尾体の内部に再現されたバッテリボックスが乙型および甲型の一部の特徴です。

それと、今年の静岡ホビーショーで賜った金さんの講義「武器学校のタイプの断ち切った(ママ)後部フェンダーこそ乙型の唯一の識別点」との言の通り、武器学校タイプの後部フェンダーになってまして、これから推測できるのはマガジンキットは乙型として出ると言う事。

金さんの言では、戦場写真でのこの型のフェンダーは4枚ほどしか確認していないという事です。

この話で言うと、写真で現存するほぼ全ての写真は甲型という説になるわけです。

大東亜戦争末期のフィリピンの八九式もガソリンエンジンの甲型というのが分かっています。(アバディーンのタイプ)

すなわち、このエントリーの主張とは、

ファインモールドは、マガジンキットは乙型で出して、ほとんどの八九式は甲型であるからして甲型を自社から発売するのでは???

・・・という(淡い)期待なのです。

ともあれ、発売まであと3週間、あと3週間7週間しかないのだ。

佐渡の思い出2

さて二日目は久々に大佐渡スカイラインに登る事にしました。

ここには航空自衛隊のレーダー基地があるのですが、一般人の立ち入りは出来ないだろうしあまり深く考えていませんでしたが・・・

PCA3C1283.jpg

登り口から既に良く見えます。

登っていくと・・・

PCA3C1284.jpg あゃしくそびえ立っナゾの建物に近づいていきます。

そうこうしているうちに、航空自衛隊佐渡分屯基地に到着しました。

PCA3C1286.jpg

この道も防衛庁に通らせてもらっているのでした。

PCA3C1285s.jpg

進んでいくと、さらにあやしい建物へ近付いていきます。

なんですか? この仮〇〇〇ダーひみつ基地は!?

PCA3C1291.jpg

手前の建造物(白雲台)と比較するとその威容が伝わるでしょうか?

CA3C1292s.jpg

ちなみに前回来たのは実に12年前。「白雲台」は建物が新築され、巨大な風力発電機は姿を消していました。

前回は、曇の中、至近距離でビュンビュンと回る巨大風車の圧倒的な姿に、「天狗の団扇」という非日常性を表現する形容を思いついたものです。

人様のブログ等を見ると、なんとこの4月からオープンしたばかりの新築ほやほや。

今回は打って変わって晴天。佐渡を一望し、本土の弥彦山さえ見る事ができました。(写真略←ぉぃ

↓白雲台より見る金北山のレーダードーム

PCA3C1293.jpg

と、妙見山の謎の〇面〇イ○ーひみつ基地。

PCA3C1295.jpg

・・・もちろん 自衛隊の新しいレーダーです。

なんでも「ガメラレーダー」って呼ばれてるらしいですね。

(佐渡の思い出は今回でお終いです。)

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

佐渡の思い出1

前回エントリーで書いたように、今年の新潟港は物足りないと思いつつも、「おけさ丸」甲板に出ているとPLH08「えちご」が停泊していました。

母港なんだから、いつ居てもおかしくなかったんですね。

Ca3c1252s

さらに小型の船舶が 後を追ってくるように航行してましたが、詳細は不明。

Ca3c1256

新潟海上保安部のHPを見ても該当船舶はありません。実際のところ船体の文字も判読不明。

新鋭船なんだろうか?

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

毎年恒例

佐渡に行ってきます。

今年は自衛艦や海上保安庁の巡視船の来る日にはなりませんでした。その日も家庭の事情で見に行けなかったよ。まあクルージングは最初からあきらめてるけど、久しぶりに艦内を観に行きたかったなあ。

で・・・この日のために思い切ってカーナビ&ETCを約10年物のマイカーに投資!

カーナビが思いっきり下に付いちゃって、邪魔になったドリンクホルダーも社外品を調達しエアコン吹き出し口に設置。デザイン的に合った物が調達出来たけど浅いぜ!w ペットボトルを倒さずに走れるのか?

明日(あ、もう今日か)は新潟祭&両津祭に当たり、道が心配だす。

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

重平

Author:重平
戦車を作っています。
ツボなのは
旧陸軍戦車・自走砲・火砲
ドイツ3号、4号戦車とバリエーション
冷戦時代~20世紀末

最近、敵ばかり作っているような気が。。(あっ敵戦車の模型って事ですよ?)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR