シルバーウィークってどんな敬老週間?

21日

ADSLから光へ移行しました!結局午後一杯つぶれました。

22日

家庭崩壊の危機か!?

23日

お彼岸の中日、法事のお清めの場所に大臣様が来る事になりまして。

朝9時頃に通過した川原湯駅前には報道バスが何台も止まってました。

法事と墓参りが終わった頃は、ちょうどお昼時だったせいか、川原湯温泉への移動は思ったほどは混んでいませんでした。(母の証言によると21日は通常の3倍時間がかかる程の渋滞だったと云う事なので。)

渋滞の先に立ってるのは高さ87mの湖面2号橋。

(ちなみに画像左下のポスターは小渕優子・前少子化担当大臣のもの)

PCA3C0136.jpg

「やんば館」あたりからの湖面2号橋(8月15日撮影)

観光客達は、「やんば館」から湖面2号橋をバックに記念撮影を撮ってました。

八ッ場ダム事業のPR施設「やんば館」には過去に例を見ない客の入りだったとか。

PCPAP_0086.jpg

という事で、世間様が5連休の間、私も1時間くらい模型製作しました♪

連休中の成果PAP_0199.jpg

数ヵ月ぶりの気持ちで防護ネットを再開しました!

で、このブログを見直したら1年5ヶ月も経っていましたよ。。。w

写真奥の形になってるのは2007年11月12日にUPした物で、サイズ、形状・・・特に上面後部のカーブに不満があり没に。

同じく奥の開口済みの1セット分は、2008年4月にここまで作業したのに前後方向のサイズが長すぎで没。すぐにリテイクスタートしたものの挫折しておりました。

さてこの休み中にいけるか!?

チリ車誘導輪

ファインモールドのチリ車で最も気になったのが、誘導輪の穴。

側面から撮影した一枚からは穴が開いているようには見えないし、これまで気がつきませんでした。

また、今回の取説やグランドパワーの図は、<案>の段階というものですし、これまでの同社のリサーチ能力の不十分さにより非常に胡散臭いものに思えたのです(失礼!)。

しかし、どうやら今回は私の負けのようです。

チリ車の誘導輪の断面図は、今からおよそ20年前、PANZER誌’90年12月号に掲載されたのを私は覚えていました。

気になった私は、当然その記事を見直しました。すると、なんとその断面図には明確に穴が描かれていたではありませんか!

さらに折込図としてクリーンナップされた牧英雄氏の1/40四面図と、寸法入り足回り図にもしっかりと誘導輪の穴が描かれていました。

そういう目で写真をもう一度見始めると、この誘導輪の穴から、はみ出るほど泥が詰まっているように見えてきますし、下と左下の部分は穴の輪郭が写っているようにも見えてきました。

やるじゃん、ファインモールド。。。

・・・・・・でもスミマセン。買ってません、今回は。。。。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

重平

Author:重平
戦車を作っています。
ツボなのは
旧陸軍戦車・自走砲・火砲
ドイツ3号、4号戦車とバリエーション
冷戦時代~20世紀末

最近、敵ばかり作っているような気が。。(あっ敵戦車の模型って事ですよ?)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR