Kwk30

アーマーモデリングや一部メジャーサイトで、日本戦車が旬を迎えているっつーのに、相変わらず進捗がはかばかしくありません(泣。まあしょうが無いっすよね。

さて、タミヤから出た2号戦車にはかなり良い2cm砲がセットされてました。ほとんど見えなくなる内部パーツなのがもったいない。これと比べてしまうと、ドラゴンのはもはやデタラメの烙印を押さない訳にはいきません。見えないから目くじら立ててる事もないですけど。

で、自作のと比較してみます。

s-8b181srq.jpg

2号キットのが多分正確なのでしょうから、やっぱ大きめになってしましました。

短縮すると今度は砲架や砲塔の位置関係が狂ってしまい、メンドーな事に。トホ。

黄色い線で比較して分かる通り、ルビオの砲身は、タミヤと比べフラッシュハイダーのサイズ分長いだけでした。アーマースケール買わなくて良かったのかも。そうこうしてるうちにライオンマーク/パッションモデルから、さらに正確らしい金属砲身が出たのですがもう要りませんw。

今月のアーマーモデリングですが、PMMSで紹介されているトードマンのPICSCDロムが入手可能だという記事(広告)が、このブログ的にはトピックスでした。この期におよんで買ってしまうか???つっても基本ディテールはキット準拠で完成させる予定なのですが。。。

MG13

2~22は続く~よ~♪ど~こま~で~も~(ポッポ~)

失敗の許されないプレッシャーと戦いつつ、MG13をチマチマと作ります。

このMG13とKwk30、構造が近しいと見え、意匠がよく似ており作り比べてみて実に楽しいもんです。

第2の正念場である、トリガー上の結合ポイントを0.75mmロッドで決めたのですが、微妙に位置が違ってる模様。。。

更に、コッキングハンドルのスライド開口部を彫ってみたところ、その前方、水滴上の結合ポイントとの位置関係が間違ってたことが明らかに。。。。もうちょっとえぐれてないとマズかったワケね。。。

ネットで見つけた分解写真や、刻印のアップ等、工作には役に立たないと思っていた画像も参考に印刷しておいたのですが、構造とか形状の意味などが、工作と同時進行で判ってきます。つってもまあ、工作自体は失敗してないのでいいや!

画像で確認!

222_0847.jpg 8c071pre.jpg
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

重平

Author:重平
戦車を作っています。
ツボなのは
旧陸軍戦車・自走砲・火砲
ドイツ3号、4号戦車とバリエーション
冷戦時代~20世紀末

最近、敵ばかり作っているような気が。。(あっ敵戦車の模型って事ですよ?)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR