サイバー2号F型

サイバーホビーの2号戦車F型のレビュー↓

http://www.militarymodelling.com/gallery/images.asp?sp=&v=5&UAbN=485

このブログ的にはやはり4ページ目のKwk30の機関部に注目なんですが、なんじゃこりゃなモノが確認できます。まあほとんど見えなくなる内部パーツと考えれば十分な出来とは思いますが、このパーツ目当てで買っていたら目も当てられないかったですね。これだけが目当てという人は、恐らく世界中でも1名程度とは思いますが。

個人的には2号と言えばc~C型が好みなので、これらの形式だったらいずれにせよ積んでたでしょうね。

Sd.Kfz.222 砲塔編2

Kwk30_762307kq.jpg

自由時間もままならない私生活が続いているとはいえ、制作意欲は減退してませんよ。仕事の休憩時間には頭が作業シミュレーションや段取りに切り替わる習慣が身についてしまってます。

さて、機関砲は初期のKwk30とするため、ルビオのアルミ砲身に交換します。この日のために発売時の初版品を積んで置いたのですねえ。

Kwk30_0614.jpg

しかしその間に、アーマースケールから、より高品質かつ安価な製品が発売されたワケです(笑。

で、砲身後部に収めるべく穴を開けます。しかしアルミバレルとキットの太さは文字通り紙一重。

Kwk30_0607.jpg Kwk30_0608.jpg

よってある程度の深さ以降の部分を

電ドリで若干細くしますが・・・

Kwk30_0613.jpg ダメじゃん!やはり四半世紀も前に2980円で買った電動ドリルじゃ軸振れ激しすぎ。

プラモのような精密作業には向きませんね。

kwk30_0635.jpg

しゃーないので弓鋸で大胆にやります。

画像は200円位で売っている普通の奴ですが、この後目の細かい糸鋸でやったら楽ちんでした。アルミだとプラスチック感覚で削れるもんなんですねえ。

Kwk30_78141pmy.jpg

案ずるより産むが易し。やればできるもんです。マズルブレーキも削り込もうと思ったけど、ちょいと厄介な作業になりそうなのでパス。タミヤの2号戦車F型っぽいところがかえっていいかも。

カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

重平

Author:重平
戦車を作っています。
ツボなのは
旧陸軍戦車・自走砲・火砲
ドイツ3号、4号戦車とバリエーション
冷戦時代~20世紀末

最近、敵ばかり作っているような気が。。(あっ敵戦車の模型って事ですよ?)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR