FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧記事の追記

今は亡きHPの更新記事に、その内容を追記しました。
http://fracture1117.blog136.fc2.com/blog-entry-37.html

いやーこの時は、まさか半年後にファインモールドがインジェクションで出してくれるなどと思いもよりませんでしたねー。
意を決し、天昇堂にグムカの五式中戦車を頼もうとしたら、おばちゃんから「ファインモールドさんの?」と言われて「???」となったのが忘れられません。

そう言えばホビーショーでのファインモールド取材画像も大量にHPにあったのですが、さすがに再UPは考えてません。

戦時資料で「五式中戦車」という記述は見たことないのですが、占領下の史料で「試製五式中戦車」と記載されてるのは見つけました。

アジ歴で公開された防研史料
中央-軍事行政軍需動員-638主要兵器諸元表 昭和20年8月31日 陸軍兵器行政本部(C13120846500)1月14日公開
中央-軍事行政兵器-128主要兵器諸元表 昭和20.8(C14010914300)2月21日公開

スポンサーサイト

チリ車誘導輪

ファインモールドのチリ車で最も気になったのが、誘導輪の穴。

側面から撮影した一枚からは穴が開いているようには見えないし、これまで気がつきませんでした。

また、今回の取説やグランドパワーの図は、<案>の段階というものですし、これまでの同社のリサーチ能力の不十分さにより非常に胡散臭いものに思えたのです(失礼!)。

しかし、どうやら今回は私の負けのようです。

チリ車の誘導輪の断面図は、今からおよそ20年前、PANZER誌’90年12月号に掲載されたのを私は覚えていました。

気になった私は、当然その記事を見直しました。すると、なんとその断面図には明確に穴が描かれていたではありませんか!

さらに折込図としてクリーンナップされた牧英雄氏の1/40四面図と、寸法入り足回り図にもしっかりと誘導輪の穴が描かれていました。

そういう目で写真をもう一度見始めると、この誘導輪の穴から、はみ出るほど泥が詰まっているように見えてきますし、下と左下の部分は穴の輪郭が写っているようにも見えてきました。

やるじゃん、ファインモールド。。。

・・・・・・でもスミマセン。買ってません、今回は。。。。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

HP更新

スクラップヤード設置しました。

http://www12.wind.ne.jp/AFVWinterEra/scrap/scrap.html

模型HPとしては世間的に邪道なんですが、よそ様のトコでもこういうの好きなんで。

いや~懐かし。

----2014年3月9日追記・HP削除したので転記しました。

記事は当時のままです。

chiri_0842a.jpg

 戦車マガジン'85年5~7月号に影響を受けチリ車を作り始めたのは、翌'86年10月末だったみたいです。まずは「車箱」(笑 と砲塔を作りました。  当時はホビージャパンの小林善氏作例掲載号など入手も適わなかったので、全て写真から図を作成しました。

chiri_0841.jpg

 もっとも、戦車マガジンのバックナンバーのおかげで、そのホビージャパンを求めるのは無駄だと判っていたのは幸いでした。  そう言えば、そのために後日購入した三角関数のできる電卓どこやったんだろ?

chiri_0838d.jpg

 で、画像はどう見てもアレなんですが(笑)、その時は五式七糎半戦車砲をこさえてました。  砲身長56口径で自動装填装置付きと言うのを考慮して、砲耳から115mm出し、ポリキャップでちゃんと俯仰するように作ったのでした。
 砲身基部の「あの棒」も、四式を参考に5mmと3mm丸棒に0.3mmプラバンを巻きつけて作ったとあります。  忘れていたので、我ながら分別があったなと驚いています。
 にもかかわらず、翌年「日本の大砲」を入手して鮮明な写真を見てしまい、タイガーⅠの砲を使ってアレな砲を作ってしまったのでした。

chiri_0844.jpg

 転輪の原型も作りましたが、三角のリム補強板が面倒で、ハブキャップも流用できそうなパーツが見あたらないので頓挫。Bモデルよりまだ正確なのが密かな自慢。

chiri_0843.jpg

 さらに12月、先輩から借りたワイルドムックに富岡氏作図のチリ車が!  砲塔角度が強すぎたと反省していたところ、まさに思った通りに描かれていた事で、心が挫けた模様(下が富岡氏作図を採寸したもの。なお方眼紙の下のシミは無発砲ウレタンのB液のようです)。

 だもんだから二式砲戦車ホイのスクラッチを始めてしまいました。

 この事があって、未見の資料・書籍探しの深みにはまったと言えるでしょう。

chiri892012dsp.jpg

 そして4年後の'90年10月、思い出したように転輪類の作り直しやアレな砲、履板の製作を始めたところに、PANZER'90年12月号に衝撃の新資料が発表されたのでした。

chiri_0838e.jpg

 履板は翌'91年10月、ホニIIと同時進行で作り直して型取りし、翌11月から量産しはじめた物です。

 なんか10月が多いですね。

chiri892012dso.jpg

 誘導輪はエッシーのT-72とタミヤパンサーAを組み合わせて作ってましたが、なんと実車寸法(690×140)と同一!模型の神様が憑いたか??

 よく覚えてませんが、起動輪はスプロケを作り直したような気もします。

 いずれにせよPANZER'90年12月号のおかげで安心してしまい、止まってるうちに幾星霜。三社からガレキが発表され、これ以上作る事も無いでしょう。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

重平

Author:重平
戦車を作っています。
ツボなのは
旧陸軍戦車・自走砲・火砲
ドイツ3号、4号戦車とバリエーション
冷戦時代~20世紀末

最近、敵ばかり作っているような気が。。(あっ敵戦車の模型って事ですよ?)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。