FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砲戦車と自走砲 カダス戦車博物館

とらのあな通販で購入。
初心者向けを目指し、要点を絞って執筆したとのことだが、アジ歴に整備されていない防研資料や、偕行文庫所蔵資料も使いかなり本格的な解説本となっている。
この手のまとまった通史はなかったように思うので、マイナー日本戦車好きには必読。
これからも増補改訂してくとのことで先も楽しみだ。

40ページで1200円(税別)はちょっと高い気もするが、グランドパワーの約半額と考えればまあ納得。
一人でここまで作ったのも敬服するが、バックには「丸」に多ジャンルにわたる驚異的な連載を続ける小高氏と、とある戦車研究家がいるということで、更に人脈を増やし研究を深めていってくれるだろう。

個人的な感想だが、某A氏の研究が色濃く反映されていて、どの程度著者独自の研究が記述されているのかを測りかねるのが惜しいと思ってしまった。しかし最近の「丸」を読んでれば、最新の研究成果なんだからそうなるしなあ。。

増補改訂の際は、本文の推敲、横向き資料の天がノドに来る綴じ方なのを見開きで同一方向になるように直して欲しい。
今後も期待。

------
趣味ができなくなる(3月ごろ)→家事ができなくなる(4月ごろ)→仕事ができなくなる(7月から)という、ついにうつ発症か?いや、オレ不真面目で責任感ねーし、、という恐ろしい状況になってたが、恒例の夏バテだったのか、朝晩涼しくなったのと夏コミ本のおかげもあり復調気味。
いやー唯一の精神安定の場である仕事までヤル気無くなった時はかなりヤバイと考え(思ってはいない、頭で考えただけ)、無理にでも趣味を再開しようとしたところにいいタイミングでいい本がでてくれましたわ。その点も感謝。
スポンサーサイト

一式中戦車図面集(上巻)(その1)

国本戦車塾の第7号購入。

内容は図面だけで素晴らしいが、安藤画宇氏の鳥瞰図がこれまた素晴らしい。

驚いたのは砲塔側面装甲が16mmだということ。
戦車マガジン別冊「97式中戦車」に掲載された新砲塔チハの諸元表だと25mmだ。

図面番号は、装甲板の番号はチハと同じ物が無い。
砲塔前面は増厚の装甲板を留めるリベットの穴のせいで違うのは分かる。
しかしそれ以外の全てが別と言うのはどういう事だろうか?

チハは砲塔側面25mm、チヘは16mmという事かもしれない。
そうすれば砲塔後部については側面、後面、底面、砲塔リング装甲とも寸法が変わるのは分かる。

しかし砲塔上面まで別部品とは??

鳥瞰図では砲塔後面と側面の組み合わせがチハと異なっており、チハでは側面に溶接ビードが見えているのに対し、チヌ車やホイ車、チリ車のように後面に接合線が描かれている。

これは!と思い手持ちのチヘ写真を見たが、確認できるものはチハと同じであった。

もしかして生産段階でチハ同様になったが、本来のチヘ特徴なのでは?と新発見をした気分となった。
しかし...よくよく図面を見直したら、チハと同じく側面に接合線が出るような組み合わせが確認でき、まったくのぬか喜びと終わった。

2冊買ったが、希望者が多ければA4判かB4判で出すそう。欲しい。

オラ東京さ行ぐだ

さる筋のお供で、東京ビックサイトの「骨董ジャンボリー」を観覧。

当方もあわよくば手頃な旧軍古物でもあれば、と古本屋などを散策。
しかし、じっくり見ている時間も無く、見られたのはシベリア出兵の写真帳と昭和16~17年頃の「同盟グラフ」17冊だけであった。

シベリアの方は乗用車・トラック各1葉と大砲数葉が目を引いたが、値段を聞く暇も無く移動。

「同盟グラフ」はA4サイズで第二次欧州戦争と日本を取り巻くの政治・軍事の記事を中心にした100ページ程度の月刊写真雑誌で、戦車・航空機・大砲の生産工場、M3スチュワートの解剖図と内部写真、各国の戦場写真では英独をはじめイタリア軍のギリシア侵攻、珍しい?ルーマニア軍やインド軍、タイ軍の九四式軽装甲車などじっくり見たいものもちらほらと。
戦場だけでなく、第二次欧州戦争下で職業婦人の増加ニュース写真なども掲載されていた。当時は「女車掌」とか「女~」と言ってたんだな。
巻末には邦画・洋画の紹介が掲載されている。
値段を聞いたら1冊2,000円、まとめて1冊1,500円と言われ買えない額では無かったが、分解しそうな状態でその値段では、と言うのと、家人に見つかるのも嫌で後ろ髪を引かれつつスルーした。

さる筋が予定より大幅に早く見終わったと言うので、3時間ものヒマな時間ができてしまった。
お互い疲労がネックだったが、このメンツで一緒に行くようなところが他に無いので秋葉原へ。

さる筋の用事を済ませてもまだ時間があったので、J-tank18号やチヘ図面、八九式中戦車写真集などを求め、書泉ブックタワーを目指す・・・・が、久しぶり過ぎて場所がわからん!
まさか秋葉原に寄るなどまったく想像していなかったので、何の下調べもしてなかった。
携帯で調べたらなんと真反対に来ていたようなので駅まで戻るが、検索サイトでは1丁目11番地までしか位置が掴めないので潔くあきらめ、イエローサブマリンに目的地を変更した。
イエサブなら5月に(外観だけだが)見たから・・・と目指した場所は明らかに違う雰囲気。

・・・と言う事でイエサブもあきらめ帰途につく事に。

帰宅後、悔しいので書泉ブックタワーを調べたら、
「携帯サイトの示した場所でよかったんじゃ~ん、あと5分くらい進んでれば着いてたじゃ~ん。」

一方、イエサブは記憶とは全然違う場所で、
「書泉探してる時に反対側の通りを歩いてたんじゃ~ん。見たような気がしたのは同時期にインターネットで見ただけだったんじゃね?」

という、涙を悲しい結果であった。

帰路の新幹線では、車内冊子の「トランヴェール」誌にて、「逆デジャヴ」という随筆を読んだ。
筆者は、子供のころはよく、修学旅行など初めての場所で「懐かしい」と、デジャヴ(既視感)にとらわれることしばしばであった。
ところが近年では「初めて来た」と思っていたにも拘わらず、実は一度来ている場所だった、ということが繰り返されているという内容だった。

・・・イエサブの件ではそれすら斜め上を行ってしまったようだが。

・・・・まあ、連れは満足できたんだからいっか!

2011年7月の本(2)

「日本陸軍の火砲 歩兵砲 対戦車砲 他 日本の陸戦兵器徹底研究」
の続き

車載機関銃は同社「小銃 拳銃 機関銃入門」からの加筆転載。
  • どの機銃もすべて加筆。
  • 図版、写真とも大幅に追加。
  • なお車載型機関短銃の記述は今回も無かった。

車載用機関短銃は国本康文氏の同人誌「試製機関短銃(百式機関短銃)」に写真が載っている。
三式砲戦車ホニIIIの装備として機関短銃3丁が車内に格納されているが(アーマーモデリングに掲載)、簡略化された図ではその写真とは異なり一〇〇式機関短銃の形(ただし着剣装置無し)だった。

九二式十三粍機関砲に関しては、同じく国本氏執筆のグランドパワー2010年6月号No.193(以下GP193)と比べたところ、GP193のほうが組立図が多かったが、同じ図でも一部本書のほうが鮮明で、見開きなのが惜しまれる。
また記事としても記述の差があるので、興味がある人は両方持っていて損は無い。・・・と言ってもGP193は装甲車の特集なので、本ブログをご覧の方はむしろこちらが本命かもね。

タイトルの歩兵砲及び対戦車砲に関してはその都度見比べるつもり。なのでレビューは無し。
一点、対戦車砲の項では試製五式七糎半対戦車砲及び試製十糎対戦車砲は削除され、自走砲の項へ移動しているのはGP173と同じ。原典の「日本の大砲」(出版協同社)では対戦車砲の項に掲載されていた。

前回記事で最後の文が四式一五糎自走砲になっていたのを修正しました。正しくは試製四式重迫撃砲。

2011年7月の本(1)

ここ二ヶ月というもの趣味にカネを掛けなかったんですけど、佐山二郎氏の新刊
「日本陸軍の火砲 歩兵砲 対戦車砲 他 日本の陸戦兵器徹底研究」
IMG_1759.jpg
が発売されたので買ってきました。
取り急ぎグランドパワーの2008年10月号No.173「日本陸軍の戦車砲と自走砲」(以下GP173)の部分を比較したところ、
  • 毘式戦車砲割愛

  • 九〇式五糎七戦車砲、九四式三十七粍戦車砲、九四式七十粍戦車砲、九七式五糎七戦車砲、一式四十七粍戦車砲は加筆あり。
  • 図版はやや省略、物によっては本書の方が図表が見易いかも。

  • 自走砲は加筆修正無し。試製四式重迫撃砲のP534では「八九式装軌貨車」なっているが「九八式装軌貨車」の誤植。GP173では九八式になっている。
  • 一式七糎半自走砲、四式十五糎自走砲はフィリピンで撮影された初めて見る写真が掲載。

    • 一式七糎半自走砲は既に発表されているもののアングル違いで、車内の様子が不鮮明ながら写っている

    • 四式十五糎自走砲は米兵を載せ市中を牽引される写真。民間人も写っている。


なお試製四式重迫撃砲(三迫)の弾薬車については、本書で昭和19年11月には完成していたことが判るが、防研に残っている8月22日から12月23日までの記録には無い。また、この弾薬車の図面は見つかっていないと思われる。

続く

ドーザーチハ

昨日の記事中『「決定版 太平洋戦争⑩占領・冷戦・再軍備 」学研 歴史群像シリーズ』の問題の写真のソースが、
ゲッティーイメージズの画像。japanese tank で検索すると出て来ました。
50503759.jpg
やっぱ本買わないとだな、後で。
このノコギリ屋根はいくつあったんでしょうか。チヌ車生産ラインの写真とほぼ同じではありますが、向かって右の壁が違い、レールも1条多いですね。あるいは戦後の改修?そんな投資できそうもないんですけどね。
------------
緑文字は3/3追記

2月の雑誌(2)

○「決定版 太平洋戦争⑩占領・冷戦・再軍備 」学研 歴史群像シリーズ 2月22日発売

この時期のまとまった資料というのが無いので参考になりそう。驚いたのは昭和21年10月撮影とされる、下丸子工場のドーザーチハ群の写真。本書(以下、歴群)では「放置された九七式中戦車」とのキャプションがつくが、ちょっと不自然な気がする。
早速帰宅後カマド刊「日本陸軍の戦車」(以下、カマド本)のドーザーチハ記事を確認。しかし裏付けは取れなかった。
カマド本の当時の技師・丹生次郎氏の証言部では、「応集後終戦で三菱で戻るものの、不況のどん底で苦肉の策として九七式中戦車改造ブルドーザーを製造・売却していた」程度で、時期についてはまったく特定できない。
歴群の写真では、整然と並んだドーザーチハが10両程度確認出来るだろうか。最も手前の車体は履帯が外れており確かに放置車両の様相にも見える。機関部は新旧入り混じっている。車体上部の天面は外されているが、前部は残されているように見える。この写真だけでもどこかで手に入らないものだろうか。

○アーマーモデリング

「艦船模型に学ぶ戦車模型のディテールアップ工作」のコーナーは、エッチングの工作ガイドが役立ちそう。
昔、ピットロード孤軍奮闘時代のモデルアートで、"全体のレベルに統一性を持たせるディテールアップ"という概念を知った。一部のディテールを上げたら、他の部分も合わせないと不自然になる。艦船てある意味、単艦でもジオラマと言える程の規模と構造物で成り立っているワケで、妙に得心し今日でも気を付けている。(戦車模型ですけどね)。
だからヘタにディテールアップすると、そのレベルまで他の部分を上げなければならない気持ちになり完成が遠のくと。けど好きに作ればいいじゃん、という揺れる天秤でまた手が止まると(笑)

・・・これも立ち読みで終わるのであります。

1月の雑誌

既に2月の雑誌を書き始めたので順番は前後するが、先月の本。12月のカマド刊「大祖国戦争のソ連戦車」もスルーしちゃってるけど、まあ買ってないしなあ。。

○PANZER 2月号
 わが地元には売って無いので今頃。未来屋書店でやっと立ち読んできました。。。
以下セブンネットショッピングより引用
===============
特集
◆レオパルト2(1)、
◆イタリア南部の攻防 アンツィオからローマへ

◆韓国陸軍K9自走砲
◆アップグレードされたM41
◆バレンタイン・マニュアル
◆菱形戦車Mk.1~8(★最終回)
◆フォトドキュメント 旧ユーゴ紛争(3)
◆北部方面隊射撃競技会
===============
引用ここまで

この他、戦後の九五式軽戦車改造警察の装甲車の鮮明な写真が見開き2ページ
九五式改造はもとより、
冷戦後のレオパルト2がまとまった資料としては好適?
実戦でその実力を惜しみなく発揮した____K9。
デンマークや台湾の近代化M41。ブラジルのは載ってたっけ?
非常にツボな内容が多いにも関わらず未購入。買うときは地元で注文しなければ___

○学研 「陸自マシーン大図解」 モリナガ・ヨウ著
モリナガ氏のかなり鋭い視点が良い。買ってDVDを見たいところではあるが___


・・・・銀座のメシを食っちまったもんで、今月と来月の小遣い無しじゃて。。。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

重平

Author:重平
戦車を作っています。
ツボなのは
旧陸軍戦車・自走砲・火砲
ドイツ3号、4号戦車とバリエーション
冷戦時代~20世紀末

最近、敵ばかり作っているような気が。。(あっ敵戦車の模型って事ですよ?)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。